2019年09月07日

突抜忍冬こと改変忍者刀(2016/7/16記事再編)

t20160716a.jpg
美術刀「突抜忍冬」のご紹介。価格は税込10,800円。
だいぶ昔(2008年頃)からやってる結構年季の入った別注モデルなんですけどね。いっけんポエットな名前ですがただの植物名です。

t20160716b.jpg
忍者刀の鍔を喰出鍔に変えただけの商品で、鍔以外は基本よくある忍者刀です。
ただし、現在ウチで扱っている「忍者刀 大/中/小」は別メーカーの商品ですので、店頭の忍者刀と突抜忍冬を比べると細部はまた違ったりします。ややこしいね。

t20160716d.jpg
そういえばこのメーカーの忍者刀はコジリも黒メッキ仕上げで忍者刀大中小とは異なりますね。
忍者刀的にはあまりピカピカなのもアレですが、この商品は突抜忍冬なので大丈夫です(何がだ)

t20160716c.jpg
そして柄のほう。鍔が先述の通り喰出鍔になっています。
それ以外は真っ黒で、忍者刀の柄そのままですな。

もともと真っ直ぐで特異な忍者刀から四角い鍔をパージすることで、更に特異な刀が爆誕したわけですね。
なんかまっすぐの刀が欲しい方や、忍者刀の鍔って実際には邪魔じゃね?とお考えの方にオススメしたい一振りです。
posted by 武装商店 at 19:26| 美術刀

特・大和守安定(2017/9/29記事再編)

t20170929a.jpg
紹介する商品は「特・大和守安定」。価格は税込7,970円です。
ウチ別注モデルで、「安価でそこそこそれっぽい」をコンセプトにしてます。そのまんまは無理があるからね、主に鍔とかね。

t20170929b.jpg
刀身は例によって普通のアルミ刀身。
特シリーズ共通です。たまに重い通常刀身版を作ることもありますが常時在庫はしてません。

鞘塗りは普通の黒石目、下緒が紺。
もしツートンカラーの下緒が欲しい場合は平紐で探せば多分どっかにあるんじゃないかな?

t20170929c.jpg
柄は白鮫黒糸黒金具。普通普通。

t20170929d.jpg
鍔は波透かし。
「透かし系」「木瓜型」で一番それっぽいのがこれでしたので。
それくらいのノリです。

そんな感じで以上、かなり普通な仕様の一振りでした。
シンプル仕様ゆえにちょいちょい再入荷してますので、
御用の方は是非に。
posted by 武装商店 at 19:12| 美術刀

2019年07月13日

伊達政宗拵(2016/4/24記事再編)

dm1.JPG
「伊達政宗拵 山城大掾藤原国包」です。税込10,290円。
「やましろ(の)だいじょう ふじわら(の)くにかね」です。
「の」は入れても入れなくてもいいんじゃないかな。たぶん。

ちなみにメーカー商品名は「伊達政宗拵」でしかなく、山城云々はウチが販売に当たって勝手に入れたものです。例によって、本商品に本歌的な元ネタは特にないかと思われます。

dm2.JPG
刀身は樋入りで刃文直刃ですな。
拵は全体的に黒く、伊達のイメージである黒一色に則った感じです。…伊達のイメージっていうと派手好き、金ぴかとかも同時にあるんですけどね。現存の鎧は一族基本真っ黒ですし、刀はそっち準拠ということで。

dm3.JPG
鞘塗りは黒刷毛塗り風で、蛭巻の意匠も入っているのが判りますな。
またコジリは突兵コジリ型。
この形状のコジリは幕末によく見られるものであり、伊達政宗の先見性が云々(すっとぼけ)
…まぁ格好いいからいいじゃん、ということでひとつ。

dm4.JPG
柄。黒鮫黒糸黒金具で真っ黒ですね。

dm5.JPG
鍔はウチでは形状から海鼠透かし(輪型)と呼称していますが、デザイン的には鍔で「輪っか」を意匠化したモノと見るべきでしょうかね。たぶん。

しかし真っ黒で突兵鍔で海鼠透かし系の鍔で・・・なんか武蔵大と特徴被ってるんだよなぁ。まぁいっか。
以上、伊達政宗拵でした。
posted by 武装商店 at 19:35| 美術刀

武蔵大小

mm1.JPG
「宮本武蔵拵 和泉守兼重」&「宮本武蔵拵 脇差」。
大が税込9,960円、小が税込9,630円。

ほぼメーカーモデルですが、ウチの趣味の都合で柄下地が黒鮫になっています(メーカーモデルは白)。その方がかっこいいのと、一応元ネタにちょっとは近づけようと思った結果ですね。
そこそこ近年まで存在していた宮本武蔵のものとされる刀の資料がベースになっている商品です。まぁその元ネタがかなり尖った仕様なので、明確に元ネタ準拠なのは黒さと鍔の形くらいでしょうか。

mm2.JPG
中身は大小とも樋入り互の目刀身。
なお大小で長さ以外の仕様が全く同じです。

mm3.JPG
鞘塗りは黒地黒雲掛け、コジリは黒メッキの突兵型。
コジリは比較的最近にメーカーの方で新たに実装された部品で、それ以前とは違うコジリになってます。

mm4.JPG
柄の方。黒糸黒鮫黒金具で真っ黒。
先述の通り、黒鮫はウチの別注指定ですが。
ちなみに元ネタの方は柄に馬の革グルグル巻きの上から漆で塗り固めてたとかなんとか。そんなん居合刀でも再現困難ですやん。

mm5.JPG
鍔は海鼠透かしの大小。
武蔵のものとして有名なので直球に武蔵鍔とか呼ぶこともあります。どっかの仮○ライダーも首から提げてました。

以上、全身真っ黒でわりと武蔵っぽい感じの大小でした。
まぁ武蔵の件おいといても格好いい仕様ですね。
posted by 武装商店 at 19:09| 美術刀

2019年07月03日

陸軍太刀型軍刀

IMG_4913.JPG
「軍刀 木鞘」、各税込11,440円です。緑と茶の2種。
なんか名前がざっくりしていますが、元々海軍軍刀を取り扱う予定が無かった頃の名残と、昔鉄鞘軍刀があった名残でこんな名前で昔から売ってます。

海外製で特別出来がいいというものでもないですが、出来と価格のバランスは悪くない商品だと思います。まぁあまり真面目に軍刀拵えを模擬刀剣で作ろうとすると現存する本物より高くなりかねないというのもありますが。

IMG_4918.JPG
刀身は二者共通で、樋無し刀身になってますね。

IMG_4931.JPG
二者の違いは色のみで、それぞれ鞘緑塗り&黒糸と、鞘茶塗り&茶糸である以外は同じです。

IMG_4934.JPG
IMG_4925.JPG
それにしても先日の海軍軍刀と比較すると本当に共通パーツ無いんだよね・・・つくづく仲悪いね・・・。

なお海軍と同様、輸入品ゆえ国内で切らしていると暫く(長くて年単位)入ってきませんので、御用の方はあるうちのご購入をお奨めしてますよ。
posted by 武装商店 at 19:29| 美術刀