2019年03月30日

沖田総司拵(2016/4/9記事再編)

t20160409a.JPG
ご紹介は「沖田総司拵 菊一文字」。現在の価格は税込10,800円。

加州清光と呼ばれることも多いこの商品(どう見てもコレを踏まえて絵が描かれてるんだから仕方ない)ですが、恐らく最初にこれをデザインしたメーカーの設計思想ではこの商品は菊一文字イメージだったと思われます。
拵の華美さが「司馬遼太郎の沖田総司(薄命凄腕美青年剣士)」っぽかったり、刃文もどちらかというと一文字っぽい雰囲気…だと言えない事も無い気がしないでもないし。
あ、勿論沖田に菊一文字ってのは証明出来ないだけで9割9分9厘フィクションですけどね。

そういうことで武装商店的には本商品を菊一文字と今後も呼びますが、お客様におかれましてはご購入後は好きに呼んで頂いてかまいませんのでよしなによしなに。
メーカー名にはそもそも刀の名前とか入ってない(「沖田総司拵え」のみ)ですので何も問題なし。

t20160409b.JPG
刀身は樋入りで刃文互の目。

t20160409c.JPG
鞘塗りは潤み(茶潤み)となっており、普通の呂塗りにはない色合いの深みがイイですね。
もっともその分、色の仕上がりに個体差があるのが難点ですけど。
半太刀拵ということで、鞘先には古美仕上げの太刀コジリと柏葉が付いています。

t20160409d.JPG
柄のほう。
金具は太刀金具(古美)で揃えてありますな。
柄下地の錦地も本商品の特徴で、文字通り柄下地に布が貼ってあります。
色合いは概ね赤ですね…布の柄によって微妙に違う色になっていることもありますが。

t20160409e.JPG
鍔も古美の太刀鍔。
これもロットで結構仕上がりに差があることがありますけど。

沖田の刀としてのそれっぽさもさることながら、単純に格好いい半太刀拵としても人気がある商品ですよ。
posted by 武装商店 at 19:38| 美術刀